ハーレクイン・ヒストリカル

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・ヒストリカル。これを読まずに眠れない。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

十年目の蜜月 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「叔父さん、ぼくを猿と結婚させるなんてひどいよ!」夫となる少年のこの言葉は、十歳の花嫁の心に傷を残した。幼いベスは教会の祭壇の前で泣きながら結婚したくないと言い張ったが、結局は儀式をすませ、少年ドルーの正式な妻となった。相手は高貴なエクスフォード伯爵家の跡継ぎだからと言われても、不器量な自分と紅顔の美少年が夫婦だと考えるのは耐えられなかった。しかし、間もなくドルーは去っていった。“おとなになったらまた会おう”と言い残して。そして十年がたち、ドルーが―夫が戻ってくることになった。ベスにはすぐに彼がわかった。誰もが振り返る美貌は十年前と変わらない。ところが、ドルーのほうはベスが妻とは思わなかったのだ。彼は乗馬服姿のベスの胸に手を伸ばし、うなじに唇を寄せた。「美しい妖精よ、きみの名は?」。

夜が明けるまで (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
デア伯爵がエリザベス・カーステアズに初めて会ったのは、フランス人アンリ・ボネが経営するロンドンでも有名な賭博場の貴賓専用サロンだった。一目見た瞬間から、デア伯爵の視線は彼女に釘付けになった。それほどエリザベスは美しく、賭博場のディーラーとは思えぬ気品が感じられた。彼女は間違いなくボネの情婦で、明らかに虐待を受けている。育ちもよさそうな彼女がいったいどうして身を落としたのか?そんなことを考えるうちに、ボネと一対一の勝負になっていた。そして相手の持ち金が底をついたと知ったとき、彼は貴族にあるまじき言葉を口にした―その女を賭けろ、と。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウィルソン,ゲイル
作家になる前は高校で英語と世界史を教えていた。ロマンス小説界の由緒あるRITA賞をはじめ、数々の賞を獲得している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

待ちわびた求婚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父が亡くなり、弟はまだ大学に通っているとなれば、所有地を管理するのはジェインの仕事だった。おまけに母の親友の遺言で、十八歳にも満たないアマンダの後見人役を託された。わたしはこのままきっと、恋をすることもなく婚期を逃すのだろう。ある日、ジェインが荒野で乗馬をしていると、銃声が響き、男性が傷を負って倒れていた。マックスというその男性の澄みきった瞳に、ジェインは心を奪われた。しかし、傷の手当てをするために家に連れ帰ると、アマンダを見た彼は恋に落ちたような表情を浮かべた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ヘリス,アン
イギリスはケンブリッジに住んでいるが、冬の間は夫とともにスペインのジブラルタル海峡に面したマラガのリゾート地で過ごすことが多い。青い海の白い波頭を眺めながら、涙と笑いとロマンチックな恋人たちの物語の構想を得るという。イギリスではすでに三十作以上の著作があり、うち十数冊はハーレクインのミルズ&ブーン社から刊行されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

夢に見し人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
夢に未来の夫が現れるという聖アグネス祭前夜、ジェーンは長身の、見知らぬ男性の夢を見る。それから四年後、ジェーンに縁談話が持ち上がるが、相手のフィリップは受け入れがたい無礼な人だった。策略を練り、難なく彼を追い払ったと思ったのも束の間、フィリップの兄アレックスが現れて彼女に真実を問いただした。アレックスはジェーンの策略に気づいたのだ。そしてジェーンも同時に気づいていた。アレックスが、夢に見て以来かたときも忘れられない男性であることに。だが彼は強引な態度で、なんとしても弟と結婚させようとする…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
コーニック,ニコラ
イギリスのヨークシャー生まれ。ロンドン大学で歴史を専攻。卒業後、いくつかの大学で管理者として働いたあと、本格的に執筆活動を始める。現在は、夫と暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

金髪の守護神 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
スウェン・シューアドソンは、遠くノルウェーから海を渡り、丘を越えてウェールズ辺境地帯までやってきた。見上げるほどの巨体、そして淡い金髪。彼はまさに北欧の美神だった。戦いと女を好む彼にとって、気ままな暮らしは性に合っていた。それを変えたのは、たまたま訪れたひとつの村だった。そこには、たぐいまれな技術を持つ、エナメル細工師アナがいた。輝くように美しいアナは、自分の数奇な運命を疑いもせずに受け入れ、教会に奉納する十字架や聖遺物入れを作りつづけている。天から授かった才能ゆえに彼女が危険にさらされていると知って、スウェンはとるべき道を悟った。これからはアナを守る―命をかけて。だが、アナを保護する修道院が、スウェンに忠告した。彼女の才能はその処女性によるもの、よって汚されてはならない、と。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
シュルツェ,シャロン
米ニューハンプシャー州の出身、コネチカット州に夫とティーンエイジャーの息子と娘、ミニチュアダックスフントとともに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

放蕩貴族 (単行本(ソフトカバー))

内容(「BOOK」データベースより)
田舎牧師の娘メアリーが伯爵の御曹子イアン・シンクレアに初めて会ったのは、父の葬儀から二週間がたち、この先どうすればいいのか思い悩んでいたときだった。親友の公爵令嬢の家に身を寄せるか、それとも、資産家の子供に勉強を教える家庭教師になるか。財産も親戚もないメアリーにはそのふたつしか道はない。だからイアンのプロポーズは願ってもないことだった。だが、彼は“放蕩貴族”と呼ばれる、社交界でも有名な伊達男。容貌と家柄に恵まれた、ろくでなしの女たらしなのだ。それなのに彼の口づけを受けたとたん、メアリーは結婚を承諾した。身分の違いも、彼がときおり見せる悲痛な表情も気にならなかった。芽生えたばかりの情熱がすべてに打ち勝ち、イアンと結ばれることだけを願っていた。

内容(「MARC」データベースより)
田舎牧師の娘メアリーが伯爵の御曹司イアンに出会ったのは父の葬儀から2週間たち、今後の身の振り方に悩んでいたころだった。「放蕩貴族」と呼ばれ、社交界でも有名な伊達男のプロポーズを承諾し…。〈ソフトカバー〉

精霊の花嫁 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
氏族の象徴である槍を守るために故郷を離れ、伯父と共に過酷な旅を続けている娘キーリンはまたもや敵が迫ってくる予知夢を見た。もうこの小屋も安全ではないと思った矢先、ケルト人に襲われたという男が瀕死の怪我人を伴って現れる。男は見るからに高貴で、こちらに危害を加える気はなさそうだ。キーリンは薬草を用い、怪我人を献身的に看病した。彼女の魂の美しさに心うたれた男は小川のほとりで二人きりになったときに身分を明かし、さらにイングランドの城に妻として迎えたいと申し出る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マグワイア,マーゴ
米デトロイト近郊に、夫と学校に通う三人の子どもとともに住む。看護婦としての、またボランティア・ワーカーとしての活動の合間を縫って小説を書くという精力的な生活を送っている。『薔薇と狼』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

待ちわびた求婚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
父が亡くなり、弟はまだ大学に通っているとなれば、所有地を管理するのはジェインの仕事だった。おまけに母の親友の遺言で、十八歳にも満たないアマンダの後見人役を託された。わたしはこのままきっと、恋をすることもなく婚期を逃すのだろう。ある日、ジェインが荒野で乗馬をしていると、銃声が響き、男性が傷を負って倒れていた。マックスというその男性の澄みきった瞳に、ジェインは心を奪われた。しかし、傷の手当てをするために家に連れ帰ると、アマンダを見た彼は恋に落ちたような表情を浮かべた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ヘリス,アン
イギリスはケンブリッジに住んでいるが、冬の間は夫とともにスペインのジブラルタル海峡に面したマラガのリゾート地で過ごすことが多い。青い海の白い波頭を眺めながら、涙と笑いとロマンチックな恋人たちの物語の構想を得るという。イギリスではすでに三十作以上の著作があり、うち十数冊はハーレクインのミルズ&ブーン社から刊行されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

騎士と女盗賊 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
無骨な騎士に、男装の女盗賊。思うに任せぬ恋の行方。サイモン・ディ・バラは死ぬほど退屈していた。兄の領地バダーズリーに向かう森の道も平穏そのもの。ならず者でも現れてくれれば、気も紛れるのに―と思ったとたん、願いどおり、盗賊たちが少人数のサイモン一行に襲いかかった。しかし、すべてが願いどおりには運ばなかった。全員が捕らえられ、サイモンは縄でぐるぐる巻きにされた。それだけでも屈辱だというのに、盗賊の頭目はみんと女!男の格好をしているが、胸のふくらみ、腰の揺れ、そしてあの髪―何もかもがサイモンの欲望を、心を刺激する。思いがけない感情の芽生えに戸惑いながらも、彼は誓った。絶対に報復してやる。ビーシアとかいうあの女に男の強さを思い知らせてやるぞ。

聖なる夜に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『雪のプロローグ』―ある雪の夜、未亡人エリーの家の前に、まるで窓辺に灯るキャンドルの光に導かれたかのように一人の男が倒れていた。記憶をなくした彼の世話をするうちに、二人のあいだには愛が芽生えた。しかし、それも彼の素性が明らかになるまでのことだった。『サファイアの魔法』―レディとして華麗な日々を送っていた過去を隠し、家庭教師に身をやつすセーラの前に現れたのは思いもよらぬ人だった。かつて愛し合いながら、彼女を捨てたレヴィールだ。一緒にクリスマスを過ごすはめになったが、彼女は過去の傷跡を拭いきれない。『クリスマスは伯爵と』―男爵の娘ベスは生涯独身を通すと決めている。自分勝手な貴族の男性と結婚するなどうんざりだった。彼女はどうにかして父親が決めた婚約者から逃れようと、幼なじみのジャックに一芝居打つことを持ちかけた。ジャックがベスに夢中だとも知らぬままに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレイシー,アン
オーストラリア生まれ。スコットランド、マレーシア、ギリシアと、世界各国で過ごす。英国十九世紀摂政時代に興味を持ったのは十一歳のときで、果敢にも図書館でジョーゼット・ヘイヤーを借りたのが歴史ロマンス小説に接した最初の機会だった。現在はオーストラリアのメルボルンに住み、余暇にはガーデニングや料理を楽しんでいる

ジャレット,ミランダ
ブラウン大学で美術史を学ぶ。もし作家になっていなかったら、アーティストかデザイナーになっていたと語る。二人目の子どもの産休中に初めて書いた作品をハーレクイン社に送ったことがきっかけとなり、作家への道を歩み始めた。ゴールデン・リーフ賞受賞やRITA賞のファイナリストなど、数多くの実績を持つ

ストーン,リン
文章を書くのも、絵を描くのも大好きで、一時期はイラストレーターとして働いていた。ロマンス小説を執筆するきっかけとなったのは、表紙のイラストの仕事を探していたとき。ふと本の内容に興味を持ち、書いてみることを思い立った。すでにロマンス小説の愛読者だったため、無理なく書くことができたと語る。現在は夫のアレンとともにアラバマ州に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[アキバ中毒のページ] [電子たばこ] [ハロー!江東区!] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [台東クラブ] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [墨田区紀行] [東京ぶらぶら] [美容外科] [高収入バイト情報] [鶯谷・うぐいすだに] [千葉の印刷なら千代田印刷] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [台東紀行]

oooアメ横一番!ooo 山手線エリア~銭湯~ooo ガシャポン戦死!ooo 千葉の醤油ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo おいしいくだものメニューooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo 千葉の駅集めましたooo 千葉野菜王国ooo 東京都台東区根岸を紹介するページooo 春日ちゃんのお散歩マップooo 千葉とんかつooo 電子たばこooo シブヤをよく知る為のサイトooo 東金ぶらり・東金の名所。地域情報!!ooo おそれ入谷の鬼子母神ooo 巣鴨で散策!ooo フード、ドリンク.コレクションooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo